一般社団法人 日本トップリーグ連携機構

日本トップリーグ連携機構は、ボールゲーム9競技の日本の最高峰12リーグの競技力の向上と運営の活性化を目指した活動を行っています。

日本トップリーグ連携機構について

日本トップリーグ連携機構の主な活動内容

ボールゲーム9競技の日本の最高峰12リーグが連携し、競技力の向上と運営の活性化などを目指して、以下のような活動を行っています。

国際競技力向上

 世界選手権・オリンピック等国際大会に於ける上位進出、メダル獲得を目指して、日本オリンピック委員会並びに各競技団体と連携のもと、各リーグが協調して代表チームの強化ができるよう、支援体制を築いていきます。

リーグ活性化

・集客

 集客対策として、各リーグが協調して他リーグの告知活動が行なえるように、 情報収集・提供を行ないます。

・広報活動

 トップリーグが一体となって、TV・新聞・ラジオ・ネットワークメディア等に情報・話題提供する事により、 TV・新聞・ラジオでの露出回数、ネットワークメディアでの露出・配信回数の増加等に努めます。また恒常的な情報発信のために、トップリーグ専門の独自チャンネルについて 研究、検討していきます。

・研修会の開催

 チームのGM及びスタッフ・選手の研修会を開催し、トップリーグの指導者・選手として基本的に必要な知識の付与及びチームマネジメントについての造詣を深めていきます。

スポーツマネジメント機能シェアシステム

 マネジメント機能が十分ではないスポーツ界において、その人材育成と機能の提供を行うシステムを構築し、加盟団体のみならずスポーツ界全体に貢献していきます。

選手キャリア支援の促進

 各リーグ及び関係団体と連携して、選手のセカンドキャリアに対し協力を行ないます。

toto販売への協力

 各日本協会及びトップリーグ傘下の各チームと共に、リーグ開催地等におけるtotoの販売 促進活動に協力します。

その他

 前記以外に連携する必要性が生じた場合は、各リーグと積極的な協力を図ってゆきます。

具体的な活動方針・事業計画はこちら>>