日本フットボールリーグJFL

2015-4-27

第17回日本フットボールリーグ開催中!! 16チームがアマチュアサッカーの頂点を目指します!! 「抜け出すのはどこだ!」【第9節】

 1st-S第9節が4月29日(水・祝)に全8試合が開催される。

 Honda FCとヴァンラーレ八戸の対戦は「都田」で開催。ここ2戦は守りを固めるチーム相手に思うようにゴールを決めることができないHonda。安定してきた八戸のDFを崩すことができるか?個々の選手のレベルが高いだけに個人技で魅了するようなゴールも期待したい。八戸としてはまず前半を失点ゼロで抑えたいところ。セットプレー等でゴールを狙いたいところか?

 SP京都FCとアスルクラロ沼津の対戦は「太陽が丘」で開催。前節は3試合ぶりの完封負けも調子を上げてきているSP京都に対し、沼津も今季は大崩れがなく調子は上向き。1点を争う試合となりそうなこの試合。派手にシュートを打ちあうというより一つのミスが勝敗を決めるかもしれない?

 鹿児島ユナイテッドFCとヴェルスパ大分の九州対決は「鹿児島サA」で開催。前節初黒星も試合を優位に進めていた鹿児島。今節は気分一新、確実に勝ち点3を確保したいところ。前節ノーゴールに終わった前線の選手の奮起に期待したい。調子の波が激しいV大分。今節は守りの固いチーム相手だけに攻撃面では工夫が必要。前線からの早いプレスでボールを奪う展開に持ち込みたいところか?

 ファジアーノ岡山ネクストと奈良クラブの対戦は「Cスタ」で開催。藤岡浩介加入後、シュートシーンも多くなった岡山N。奈良のベテランGKからゴールを決めることができるか?奈良としては序盤から積極的に攻め先制したいところ。サイドからの正確なクロスボールでゴールを演出したい。

 FCマルヤス岡崎とMIOびわこ滋賀の対戦は「パロマ瑞穂」で開催。前節はベテランの佐野裕哉の個人技等で今季初勝利のマルヤス。今節も頼りになるのは彼の経験か?滋賀は後半の戦い方に注目。もし前半でリードして折り返した場合、終盤に運動量が落ちないマルヤス相手に逃げ切れるか?

 FC大阪とホンダロックSCの対戦は「ヤンマースタ」で開催。今季はサイドからの攻撃でゴールシーンが多いチーム同士。サイドの攻防がこの試合の見所となりそうだ。また前半から積極的に攻めてくるであろうFC大阪のスピードのある攻撃をロックDF陣が抑えることができるか?前節でHonda相手に無失点で抑えたロックはこの試合でも前半を失点ゼロで折り返したいところだ。

 流経大ドラゴンズ龍ケ崎と栃木ウーヴァFCの対戦は「龍ケ崎」で開催。若いだけに最後まで運動量が落ちず粘り強さを発揮している最近の流経大。栃木ウ相手に同様の戦いが出来れば今季2勝目も見えてくるだろう。今季初勝利を目指す栃木ウは相手のスピードにいかに対応するかが鍵。相手のパスミスからボールを奪ってからの速いカウンター等でゴールを決めることができるか?

 ソニー仙台FCと横河武蔵野FCの対戦は「宮城ス」で開催。第1回から参加するチーム同士の対戦。中でも1点を争う展開が多いこの試合。前節は互いに3ゴールを決めながらも今節は互いをよく知っているだけに同様の展開は予想しにくい。決勝点はセットプレーからのゴールか?

 前節は上位2チームが勝てず、3位と4位が勝利したことでより混戦となった1st-S。中2日から3日で試合を行う今節、そのあたりの疲労等による影響はあるか?

 1stステージ試合の詳細は日本フットボールリーグ オフィシャルWebサイトをご覧下さい。