一般社団法人 日本トップリーグ連携機構

日本トップリーグ連携機構は、ボールゲーム9競技の日本の最高峰12リーグの競技力の向上と運営の活性化を目指した活動を行っています。

日本トップリーグ連携機構について

活動方針・事業計画

<2021年度>

1.トップリーグ2020強化支援プロジェクト

★JSC競技強化支援助成対象事業(予定)
2021年東京オリンピックにおける、団体ボールゲームのメダル獲得に向けた 「強化支援活動」。スポーツ庁・JOCとの連携の下、当機構加盟団体ボールゲームの ガバナンス・コンプライアンス・強化活動、およびリーグの基盤整備事業を実施する。
  • <第1部会>強化事業

    ・審判員の待遇改善(審判プロジェクト)

    <第2部会>リーグ基盤整備事業

    ・研修講師派遣

     「SNS対策、キャリア設計、インテグリティ、フェアプレーとは」について専門家(講師)を加盟クラブ・チーム等に派遣。

  • ・(仮)JTL点検・評価委員会

     

2.スポーツマネジメント機能シェアシステム(SMASH)

★JSC競技強化支援助成対象事業(予定)
●リーグ担当者勉強会・交流会
●スポーツリーグ・クラブの持つ価値の再定義に向けた調査研究事業

3.各競技及びリーグ活性化支援事業

●広報活動
1) 広報戦略の検討
●女子スポーツを中心としたアライアンス構想(WOMAN ATHLETES PROJECT、WAP)
●トップリーグトロフィー
  •  2020年度 感謝の夕べにて表彰
●「あそビバ!」プログラムの普及活動
1)JTLプレイリーダー養成講習会 ★くじ助成対象事業(予定)
2)指導者講習会の開催 ★くじ助成対象事業(予定)
●コンサートプロモーターズ協会との協業(ECSA)
●マネジメント機能強化
  • ★JSC競技強化支援助成対象事業(予定)

 •事務局員3名の雇用

4.研修会の開催

●審判研修会 ★JSC競技強化支援助成対象事業(予定)
  • JTL加盟各競技の国際審判もしくは国際審判を目指すものを対象とした研修会

    各リーグの国際審判員養成をサポート

●GM研修会 ★大崎企業スポーツ事業研究助成財団助成事業
  • リーグ加盟各チームのGMを集めた1泊2日の宿泊研修、年2回開催

5.地域との連携事業/普及振興事業

●SOMPOボールゲームフェスタの開催
  • ・全国50会場実施予定
  • ・あそビバ!、キッズチャレンジのプログラム実施
●あそビバ!の開催